消費者金融の後悔しない選び方【間違った金融を選ぶとどうなる?】
Just another WordPress site

実際、オリンパスの有価証券報告書は決してノーチェックで公表されていたわけではありません。
あずさ監査法人や新日本監査法人が「お墨付き」を出していますし、社外の会計士も監査に携わっています。
これらの方はみなオリンパスから報酬をもらっているわけで、問題の端緒はつかみながらも深部にまで踏み込むことができませんでした。
もっと早く、監査法人が問題に気づき適正な手を打っていれば問題がここまで大きくなることはなかったでしょう。
実際、専門家の間では会計士や監査法人は損失の飛ばしを知っていた、気づくチャンスが何度もあったとされています。
オリンパスの問題は、決してオリンパスとその協力者だけの責任とはいえないでしょう。

Leave a Reply