消費者金融の後悔しない選び方【間違った金融を選ぶとどうなる?】
Just another WordPress site

日本航空が、約9年ぶりに客室乗務員を含む現場従業員の制服を一新し
20日にお披露目となりました。「新生JALグループのおもてなしの心を体現した」と
植木社長は語っており、今回は清楚で上品なイメージであることを強調しました。

デザインを担当したのは、国際的に評価の高い丸山敬太氏です。2013年度上期に
導入されるそうで、素材単価などを引き下げ大幅なコスト削減をしつつ、初めて
グループ会社の制服を統一した形となりました。

CAの制服には、落ち着きのある印象を持たせるため、紺色を基調に所々に
赤色のラインを盛り込みました。

赤色は、日航のイメージカラーらしいですね。制服を一新することで、2013年度上期に
日本航空が再出発を果たすのです。

現在は、いろいろな航空会社が存在していますが、見た目のイメージも大切です。
航空会社を選ぶ際には、価格やサービスだけではなく、従業員の感じの良さも
気になります。
制服を一新することで更なるイメージアップを図りたいのでしょうね。