消費者金融の後悔しない選び方【間違った金融を選ぶとどうなる?】
Just another WordPress site
消費者金融でお金を借りる事は、そんなに大問題な事なのでしょうか?
例えば、自分の旦那や妻や子供のカバンの中から、消費者金融のカードが見つかったという事でどうしようと思われている方が大勢います。もちろん、見た事がない消費者金融のカードをみたら、慌てるでしょう。ローン会社や消費者金融というのは、マイナスのイメージが定着しているからです。
消費者金融のカードを見つけたら、きちんと、本人に問いただしてみて下さい。
返せる額か返せない額かで問題が違ってくるのです。返せる当てがあるのなら安心しても良いのですが、返せない額だと大問題になるのです。
借金の事で危険性を知っておくとよいでしょう。
それはどうしてなのかを説明をしていきます。
借金をする事なのでマイナスのカードと言えます。
このマイナスのカードを持っていると、消費者金融などのカードと思って下さい。
そのマイナスのカードが、3枚から4枚も出てきた場合は問題と言ってよいのです。
借金を今現在もしている状態で危険性があるものがあるという事なのですが、危険性を知っていなければ、とても大問題になってしまいます。
4種類の危険性について判断する事が出来ます。
1つ目は、初めて借りた時の借入金額です。
2つ目は、初めて借りる時の利用目的です。
3つ目は、借金が今現在どれだけ残っているかです。
4つ目は、支払いの状態はどうなっているのかです。
この4種類をもう一度調べてみて下さい。この4種類というのは、消費者金融やローンなども同じなのです。危険かどうかを知る事で、返済の認識度が高まってきます。
1枚の消費者金融のカードで、どれぐらい借りられるのでしょうか?
それは、個人個人違ってくるのですが、大体50万円なのです。そのため、50万円のうち20万円までしか使っていないから大丈夫だという事の考えは良くありません。どちらにしろ、お金を消費者金融に借りている事になるのだから、返済をしていかなければいけないのです。
借金は、悪と思われている方が大勢います。しかし、借金というのはローンも各生保や損保なども入るので、悪とは言えない事が分かるでしょう。
きちんと、借りたお金を消費者金融に返済できるかで、大問題になってくるのです。
基本的には、借りない方が良いのですが、必要ならば借りなければいけない時もあります。
そういう時に、きっと悩みながら消費者金融を利用するという事が多いです。
このように、問題があるかないかは本人次第という事になります。
もう一度、ここに書きますが、お金を借りる事は悪という事ではありません。